長期戦

s-0310.jpg
この患者さんは右下の奥歯の動揺が主訴で来院されました.
残念ながら同部のブリッジは保存不可能です.相当歯の周りが感染しているので
なるべく早く抜歯したほうがよいのですが、抜いてしまうと食事がとりにくくなります.
その為、まず反対側を咬めるようにしてから、抜歯することになりました.
長期戦になりそうです.
勿論同部もインプラント予定です.

コメントは受け付けていません。