インプラント予定の歯を抜歯される先生へ

  • TOP
  • [ブログ]
  • インプラント予定の歯を抜歯される先生へ

本日のインプラントは左下に二本のインプラントを埋入を施しました。

手前の歯は当院の先生が2カ月前に抜歯を施しました。
2か月では、もちろん完全に骨は治っていないのですが、全く問題なく埋入しました。

ところが、奥の歯の部分にインプラントを埋入しようとすると、小さな穴が開いており
少し削ってみると、奥の部分には全く骨がなく、それどころかどんどん肉芽が出てきました。
患者様に確認すると、大分前に歯を抜いたとのことでした。

インプラントをされない先生方が抜歯をされる際、歯だけを抜かれることが多いようです。
一見、問題ないように思えるのですが、歯を抜くときに多くの場合歯の周りには、
肉芽が存在しており、それをしっかり掻爬しておかないと、骨の治りが悪く、
極端な話、5年・10年後でも骨の中に肉芽やバイキンが残ってしまう場合があります。

また、インプラントをされる先生であれば、抜歯をしたあと、しっかりと肉芽を掻爬することは
基本中の基本なのですが、多くの先生が不十分なことが多いようです。

当院に勤務している先生の中で、大学で口腔外科に残っていた先生でも、掻爬したところを
確認してみると、最初は必ずといってもよいほど、不十分です。
ですので、いつも実際に彼らの前できっちりと掻爬をして見せて、掻爬というものがどういう
ものなのかを見せるようにしています。

このような事情から、他院で抜歯をされたあと、私どもの医院にインプラントを希望され
来院された患者様に対しては、どこの歯科医院で抜歯をされたか確認しているのですが
患者様は、どこから転院されたかを確認されるの拒まれる方が、いらっしゃいます。

奈良県内の歯科医院であれば、どこの先生がどの程度、きっちり掻爬しているかを
把握しているので、その先生の掻爬状況に合わせて治療時期を決めていくため、
必要なことなのですが。。。

インプラントを多くしていると看板を出されている歯科医院でも、掻爬が不十分と
わかっている先生の場合には、最初から掻爬をしている場合も実際にはありますので、
掻爬は、きちっとして頂けると助かります。

s-101029AM

コメントは受け付けていません。