インプラントのやり直し

この患者様は、ほぼ7年前に左下の2本と右上の1本のインプラント
埋入オペをした患者様です。
最近になり、レントゲンで見ると、左下のインプラントの周りの骨が
急激にやせてきました。

昔はあまり言われていませんでしたが、最近になってインプラント
でも歯槽膿漏になるといわれてきました。
当院でも、実際に何人かの方の何本かのインプラントが明らかに
歯周炎を発症しています。

少々なら、うまくメンテナンスでもたせれると思うのですが、
急激に進行してきた方には、早めに撤去をして、再埋入を
したほうが良いのではないかと考えています。

この方の場合もそのように判断したため、反対側の奥歯にインプラント
オペをする予定でしたので、同時に悪くなったいんぷらんとを撤去し
再埋入をしました。

もちろん費用は、10年保証期間中のため、再埋入の費用に関しては、
無償でさせて頂きました。

当院でのインプラント埋入実績は2000本以上あるので、今後も、
このようなケースが出てくるとは思いますが、真摯に対応をして
行きたいと思っています。
たとえ費用負担がかかってしまっても、患者様とは一生のお付き合いだと
考えていますので、患者様の負担にならないようにと早めの対処を
常にしていきたいと考えています。

 

s-120928

コメントは受け付けていません。