やはり やわらかい骨質でした。

  • TOP
  • [ブログ]
  • やはり やわらかい骨質でした。

やはり やわらかい骨質でした。(予感的中)
骨量がある方に限って 骨がやわらかい事が多いような気がします。
‘やわらかい時にはやわわかい時の対応’を ’硬い時には硬い時の対応’を すれば良いのですが
ただ どこからやわらかくて どこからが硬いのか これを判断するには 
術者の経験がものを言います。(また科学的でない)
当然 即時負荷は行わず 通常の埋入方法をとり 3ヶ月間待ってから
歯を作っていきます。

20080215_1

レントゲン

20080215_2

オペ後のレントゲン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です